2015.12.26 土曜日

12月26日(土)

今日で、平成27年の山添村での練習は最後となります。



午前中は、全員で走塁練習・ゴロ捕球・CB・PP・片手バント・強化を行いました。

午後からは、1年間お世話になった山添村グラウンドの整備と倉庫内の大掃除です。
1年間不自由なく練習できたのは、グラウンドや道具がそろっているおかげ(´V`)♪





バットやキャッチャー道具をきれいに拭いたり…糸が切れたボールにテープを貼って補修したり… 道具のありがたさを考える機会になったかな?
★保護者の方へ★
選手のみんなは、お掃除上手です!
ご家庭の大掃除にも、即戦力として活躍してくれそうですよ…( ´艸`)笑
   
この日の練習終わりに、小沢監督から今年いっぱいでチームを離れるという報告がありました(;_;)(;_;)
ノックの時…
ノックバットを握る手に力が入らないから…とテーピングでグルグル巻きにしてノックをしていたことを知っていますか?

U14を中心に見てくださっていましたが、
いろいろな学年の選手を気にかけ、声をかけてくださる姿もよく見かけ、私も見習うべきところがたくさんありました(>_<)
チームはさみしくなりますが…1日も早く体調が良くなりますように祈っています☆彡
本当にありがとうございました!!
小沢監督のことなので、チームを離れていても、きっと応援してくれるはずですヽ(´▽`*)

今年も1年、あっという間でした…
今年1年お世話になりました皆様、ありがとうございました。
来年もレッドスターベースボールクラブにとって良い年でありますように…♡
皆様、よいお年を!!

2015.12.23 水曜日

12月23日(水)

今日は、いよいよ第9回レッドスターベースボールクラブ甲子園カップ、決勝戦です。
ここまでの熱戦の末、甲子園の切符を勝ち取った紀州ボーイズと柏原シニアとの対戦です。





紀州ボーイズ   00001  1
柏原シニア     0031x  4

優勝 柏原シニア

準優勝 紀州ボーイズ

表彰式後の赤星オーナーからのあいさつの中に、「ここまで来れたのは、支えてくれた人がいます。感謝の気持ちを忘れずに…」という言葉ありました。

野球を教えたくださっている監督をはじめとするコーチの方々、

毎日、色々な面で力を貸してくれているであろう保護者の方々、

雨が降り寒い中、試合終了まで大きな声で応援し続けてくれた後輩や仲間達、

試合を終えた選手の周りには、本当にたくさんの方々の顔がありました。
甲子園で試合が出来て、温かく見守ってくれる人の存在を知ることができて、良い機会になったのではないかな~ と思います。
この先、この経験をいかしていけますように…応援しています♪
これで、平成27年度レッドスターベースボールクラブ甲子園カップの全日程が終了しました。
この大会に、ご参加ご協力いただきました全ての方に御礼を申しあげます。 ありがとうございました(*´ω`*)

引き続き、小学生対象の野球教室が行われました。  


少しの時間でしたが、トップの選手がノックを行いました



甲子園での、トップの選手のユニフォーム姿…感慨深いものがありました。
また、カメラで選手達の姿を納める保護者の方の姿に選手達への思いを痛感しました。
オーナーの話にあったように「支えてくれる人がいます」は、全選手に共通して言えることです(o´∀`)b
家族への感謝の気持ちを言葉にしてみてはどうでしょう?

夜は、スタッフの忘年会でした。
忘年会でも、終始野球トークは止まらず…
野球に対する熱い思いは、グラウンドの中でも外でも変わらないコーチ陣でした…

2015.12.19 土曜日

12月19日(土)

先週土曜日まで、U14が柏原市長杯親善大会に出場していたため、私にとっては久しぶりに全学年そろっての 練習となりました(o´∀`)b
まず!!嬉しいニュース♡
U14が、柏原市長杯親善大会で優勝しました(*^^)v
おめでとう♪
マネージャーにとっても、とっても嬉しいニュースでした!ありがとう(*´∀`*)ノ

これまで学年ごとに練習を行っていましたが、今日は守備位置ごとに分かれ 行いました!
五訓・UPとベースランニング・CB・PP・片手バントまでは、全員で同時に行いました。
その後、バッテリーグループと内野手外野手は人数が多いため2つのグループの計3グループに分かれ練習です(^^)/

内野手外野手はノック・ゴロ捕球・強化☆


バッテリーは、外野ノック・タイヤ押し引き・ベース間ランニング・シャトルラン・反復横跳びを行いました。    

先日、こんな話を聞きました!
試合とは、「試し合うこと」という話です。
試合に向け、普段の行いがどれだけ大切か考えさせられる言葉でした(>_<)
普段から、監督をはじめコーチ陣が「準備」という話をされていると思います。 試し合いに必要な「良い準備」とは何か?と私なりに考えてみると…
規則正しい生活だったり、当たり前に出来ていてほしいあいさつなどの礼儀や道具を大切にするといったことなのかなと思いました。
これらの「良い準備」がベースにあってこそ、普段の練習が生きてくるのかな?
私は、野球をやった事がないので私なりに考えて出た結論がこれでした。
選手のみんなも普段の生活を振り返って自分にとっての「良い準備」とは何か?
考えてみるのも、良いかもしれませんね(^^*) もっと良い答えが思いつくかも!!
少なくとも私は、良い勉強させてもらう機会になったなぁ~と感じています( ´艸`)

2015.12.19 土曜日

礼儀や気配りに思うこと…

トレーニングコーチ兼アスレティックトレーナーの牛島です。私の普段の仕事は大学教員です。卒業に向けて4年生が最後の定期試験を受ける時期になりましたが、恥ずかしながら、試験を終え、席を立つ際にちゃんと出した椅子を机の下に戻して席を立つ学生は半分もいればいい方です。



レッドスターベースボールクラブでは、礼儀や気配りを大切にしています。私は個人競技、それも速く泳げばすべて許される競泳出身でしたので、初めて山添村のグラウンドに降り立った時に、選手全員が練習を止めて姿勢を正し、私に挨拶したのを見て「これは大変なところに来てしまったぞ」と思ったのを昨日のように思い出します。持ち時間と制限タイムを決めたランニングメニューの途中でも、誰かが来られた際には止まって挨拶。バッグやスパイクが綺麗に並んでいなければ練習は中断、なにも全員の練習を止めなくても、と戸惑ったことも…今だから告白しますが。

アメリカでアスレティックトレーナーとして経験した野球は違う世界でした。MLBでも大学でも、選手はダグアウトでガムを噛んでいる、あるいはひまわりの種を頬張っている。で、噛み終わったガムや、ヒマワリの種の殻はそこらにペッと吐いてそのまま、次の日には誰かが掃除してくれている、そんな環境でした。それに、選手、スタッフに限らずいつ辞めさせられるかわからないので、自分の仕事以外のことに気を配る事が難しい環境でもありました。



たしかにアメリカの野球でも礼儀や気配りを大切にする人はいました。タンパベイ・デビルレイズに入ったとき、それまで別の球団のマイナーリーグで3週間のインターン経験しかなかった私は、日本人らしい礼儀や気配りを発揮することで、ベテランのアスレティックトレーナー達に認めてもらえるのでは、と考えました。だけど私の想像以上にヘッドトレーナーは視野が広く、たとえばゴミが落ちていても私が気づいたときにはもうすでに彼が拾おうとしている。そのゴミのせいで選手が怪我をするかもしれないから、と常に目配りを忘れない。後にメジャーリーグ各球団のヘッドトレーナーはそういう人ばかりだとわかりました。先日、イチロー選手が所属する球団から「居たいだけ居てほしい」と言われたことがニュースになりましたが、礼儀や気配りの面で若い選手の手本になってほしいから、という点が大きいことに間違いありません。

なぜ、バッグやスパイクは綺麗に並べておかなければいけないのか、きっちり挨拶をしなければいけないのか、レッドスターに来てしばらくしたある日、雷に打たれたようにわかった出来事がありました。それらすべては必要な準備なのだと今なら自信を持って断言できます、月並みな、選手の後の人生においてという理由だけでなく、この次の試合にも実は大きく影響するのだと。ランニングメニューが台無しになった損失より、礼儀や気配りが足りなかったことでもっと多くのことが失われると気付いた私も、遅いかもしれませんが選手たちと一緒に成長していきたいと思います。

2015.12.06 日曜日

12月6日(日)

昨日に引き続き、第9回レッドスターベースボールクラブ甲子園カップが 山添村グラウンドで開催されました(^^)/

本日は、大会6日目☆彡 
1試合目は、紀州ボーイズvs堺中央ボーイズの試合です。




  紀州          2020201  7
堺中央         0010100     2
紀州ボーイズが準決勝へと駒をすすめました(^^*)
という事で…
2試合目は、紀州ボーイズvs大阪城東シニアの試合です。




紀州         36033   15  
城東         00030   3
紀州ボーイズが甲子園への切符を手にしました。

第9回レッドスターベースボールクラブカップも甲子園での決勝を残すのみとなりました(*´∀`*)ノ
柏原シニアと紀州ボーイズの両チームの選手のみなさんが、最後まで力を出し切れますように!