2016.10.30 日曜日

10月30日(日)

今日は、大阪マラソンにボランティアとして参加させていただきました(*´-`)

レッドスターベースボールクラブは、親子ランの会場でのお手伝い!
選手誘導係、メダル・記録証を渡す係、タオルを渡す係、ドリンクを渡す係、お菓子を渡す係にわかれ、各自の仕事をこなします。


まずは、渡しやすいように品物を陳列する作業から…
準備の様子をみていると、ゴール後のおもてなしのシミュレーションを行っているグループがありました。
どのような声をかけると失礼でないか?
こんな場合は、どうする?など様々なシュチュエーションを想定している姿も…
頼もしい姿を見せてくれました‼︎(*´∀`)♪







参加者の皆様には、レッドスターベースボールクラブの子ども達の姿はどのように映ったでしょうか?
至らない点はあったかと思いますが…
レッドスターベースボールクラブの子ども達なりに、精一杯おもてなしさせていただきました。


ボランティア終了後にオーナーが、今日のボランティアの経験は良い経験になったと思う。ボランティアだけに限らず、みんなには色々な経験から一人一人が学ぶことがあると思うので、それらの学びを大切にしてほしい!とおっしゃっていました。
また、来月12日より始まるレッドスターベースボールクラブカップについてもふれ、勝つことも大事…けれど、勝ち負けより一人一人が目的をもち野球に取り組んで欲しいというお言葉をいただきました!

オーナーの話を受けて…
今日、出会えた人々は、きっとボランティアとして参加していなければ、出会えていなかった人!そう考えると、今日の経験は、とっても貴重なもののように思います。
オーナーがおっしゃっていたとおり、1つ1つの出会いや経験から何かを感じることで、学びになり人として成長できるんだと改めて感じる機会になりましたね(о´∀`о)
レッドスターベースボールクラブカップでも、選手一人一人がどう取り組み、成長した姿を見せてくれるのか…
今からワクワクが止まりません(*´꒳`*)

2016.10.23 日曜日

10月23日(日)

街を歩いていると、金木犀の良い香りが漂い、秋を感じられるようになりました。

グランドがある山添村は一層冷え、今日も肌寒くて、ついつい身体をさすってしまいます。

春には綺麗なピンク色の花を咲かせていた桜の木も、赤・黄・オレンジと冬に向けて準備をしていました。

 

そんな中、冬仕度…という訳ではないのですが、グランドのバックネット裏の景色が変わりました。

これまで、土だった地面にタイルが貼られ、とても歩きやすくなったのです。


この作業をしてくださったのは、いつもチームを支えてくださっているMさん。

さらに現在、故障中で調整をしているAくん、Oくんも練習の合間に手伝ってくれました。

写真に写っている場所だけではなく、かなり広い面積を、まず草引きをし、そこへ1枚1枚、丁寧にタイルを貼っていく。

その後、隙間に土を埋めていくという、気が遠くなるような作業。

かなり大変だったと思うのですが、とても綺麗に仕上げてくれました。

これで、たくさん雨が降っても安心です!

Mさん、Aくん、Oくん、本当にありがとうございました^^

 

そして、今日の山添グランドでは、トップとU-14が交流戦。

勝ちにも、もちろん拘ってほしいのですが、やはり一番に一生懸命な姿を見せて欲しい。

見られた時には、とても嬉しくなります。





↑素敵な写真が撮れました。笑(自画自賛)

 

また、今日もたくさんコーチ、選手から「ありがとうございます。」の言葉をいただきました。

お礼を言いたいのは、こちらの方で、野球のプレイができないマネージャーができる事はごくわずか。

そんな中でも、嬉しい言葉を伝えてくれるコーチ、子ども達。

素直に、素直に、嬉しいです。

嬉しくてたまりません(笑)

ありがとう。

自分が中学生の時、そして今、こんな風にお礼を伝えられているかな?

「ありがとう」という言葉には、すごい力がありますね^^